2021-22年度 神戸垂水ロータリークラブ会長・副会長・幹事

2021-22年度会長  小林秀一(中央)

2021-22年度副会長 鷲尾太一(右)

2021-22年度幹事 澤村正夫(左)

小林秀一会長 所信表明

 小林年度の会長活動目標は,「会員の増強,及びWithコロナ時代における思いやりと絆の確認」といたしました。
 会員増強は,言わずもがなのことですから,ここで改めてどうこう申し上げることは差し控えておきます。そこで,「Withコロナ時代における思いやりと絆の確認」に関して一言申し上げます。
 コロナ変異株の感染力とワクチンの供給,我が国におけるワクチン開発,こうした問題の展望がなかなか見通せないのが私の年度と判断しております。こうした状況に鑑み,これまでこうしてきたからこうしなければ,という発想から脱皮して,流されず,自由な発想でのクラブ運営・クラブ活動を進めたいと考えております。
 とりあえずは,星島プログラム委員長に,次のことをリクエストしております。
① 2021年度前期は,神戸垂水ロータリークラブの人材を有効活用した内部指向的なクラブ運営を基本として進めて行き,状況を見ながら,外部との接触をはかることを考えていること
② 後期は,国内のワクチン開発に見通しがつくなどコロナ対応の目処がついているという条件付きですが,奉仕活動に力を入れられればと考えていること
 奉仕活動の基本は職業奉仕ということかと考えておりますが,クラブの奉仕活動を背後で支援するのも奉仕活動の1つと思います。奉仕委員会委員になっておられないかたも,必ずしも前面に立たなければならないわけではなく,まず自身の状況を冷静に考えて行動していただければと思います。
 また,コロナの経過次第では,基隆東ロータリークラブとの交流での活動もあるでしょうが,台湾のコロナ管理は我が国とは本質的に異なる管理がなされているようですので,なかなか見通せません。したがって,これは臨機応変に対処するしかないと私は考えております。
 それはそれとしても,オリンピック中,そしてオリンピック後の気の緩みによる事態の悪化が懸念され,クラブ活動もかなり制限される事態が続くとは思いますが,そうした中で,どのような奉仕活動ができるのかを工夫してみるのも重要なことと思います。皆様の知恵をお借りしながら,各委員長様,委員様と共に努めて行きたいと考えております。ただ,コロナが急に落ち着くということは考えられないように思いますので,無理をせず,力を蓄えるための一年と割り切ってもよいのかも知れません。
 なお,昨年インフルエンザがあまり出ていないことから,人々の免疫がなくなっていてインフルエンザが流行するのではないかという懸念もあります。わがクラブの会員の平均年齢は73歳前後であり,コロナであれ,インフルエンザであれ,まずは自身でかからないように注意していただく必要がありますが,活発に日々の活動をしている人において,自分自身が他の会員にウィルスを感染させる可能性がどの程度あるかを冷静に考えて行動していただくこと,そして,できるだけ早期にワクチン接種を済ませていただき自らが感染する危険を可及的に排除していただくこと,さらには例会の座席位置なども配慮していただくことが,今の状況下では最大の思いやりになると思います。この年度では,このことを各自が強く意識していただきたいと考えております。
 副会長,幹事そして各委員会委員長様を始めとする委員の皆様には,何かとお世話になりますが,どうかよろしくお願いします。

国際ロータリー 2021-22年度のテーマ

2021-22年度「奉仕しよう  みんなの人生を豊かにするために」

2021-2022 Theme logo - Serve to Change Lives - JA

シェカール・メータ会長エレクトは、「奉仕するとき、誰かの人生だけでなく自分の人生も豊かになる」、「人びとの世話をし、奉仕することこそ、人生の最高の生き方」と述べ、奉仕プロジェクトへの積極的な参加を会員に呼びかけてます。

2021-22年度 国際ロータリー会長

Shekhar Mehta

シェカール・メータ

Calcutta-Mahanagarロータリークラブ所属

インド(西ベンガル州)

会計士であり、自身が設立した不動産開発会社「Skyline Group」の会長。カナダを本拠とする「Operation Eyesight Universal (India)」のディレクター。

災害救援に熱心に携わり、シェルターボックス(英国)の管理委員も務める。2004年のインド洋大津波の際には、被災した家族のために500戸近い家屋の建築を支援。

南アジアで1,500件以上の心臓外科手術を行ったプログラムを立ち上げる。インド全土での識字率向上をはかる「TEACHプログラム」の創設にもかかわり、このプログラムを通じて何千もの学校に支援を提供。

1984年にロータリークラブ入会。RI理事、各種委員会の委員と委員長、ゾーンコーディネーター、研修リーダー、ロータリー財団専門家グループメンバー、地区ガバナーを歴任。ロータリー財団(インド)の理事長も務める。

超我の奉仕賞、ロータリー財団功労表彰状と特別功労賞を受賞。

ラシ夫人と共にメジャードナー、遺贈友の会会員としてロータリー財団を支援。

会長イニシアチブ

平等とは、平和で豊か、かつ持続可能な世界を築くために必要となる基本的人権です。しかし、世界を見ると、女児と成人女性は保健や教育などの分野で不平等に直面しており、男性よりも高い確率で暴力と貧困を経験しています。ロータリーは、女児の健康、教育、福祉、経済的安定の向上に焦点を当てたプロジェクトを優先するよう、クラブと地区に奨励しています。生活改善のためのリソースを利用できるよう支援することで、女児を守り、その地位向上を図り、公平さを高めるプロジェクトに地域社会の人びとが参加できるよう、クラブ主導の取り組みや、地区補助金とグローバル補助金を活用した取り組みを行いましょう。

ロータリー奉仕デーを実施しましょう:ロータリー会員が地元の人びとと一緒に地域社会の改善に取り組むことのできる参加型の奉仕活動をぜひご計画ください。

会長主催会議に出席しましょう。2021-22年度に開催される一連の会長主催会議では、ロータリークラブや地区が地元や海外で実施している人道的活動にスポットを当てます。

お気軽にお問い合わせください。000-000-0000受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ