当クラブの奉仕活動

国際ロータリーの基本理念として5大奉仕活動があります。それぞれの項目に対する当クラブの主な活動を紹介します

  • クラブ奉仕 (親睦活動とクラブの機能を充実させることを主眼とします)
    • 例会 毎週木曜日午後6時30分より7時30分まで舞子ビラにおいて、クラブ例会を行っています。例会では、ロータリーソング、ゲスト紹介、出席報告、会長スピーチ、幹事報告、各委員会報告の後、各会員やゲストスピーカーによる卓話を行っています。
  • 職業奉仕(ロータリアンが自らの職業を通じて人々に奉仕し、高い道徳水準を実践することを奨励します)
    • 他クラブの会員から様々な職業についての卓話を通して職業奉仕の知識の涵養に勤めています。
    • 2017年 職業奉仕委員会主催奉仕事業「生活なんでも無料相談」を開催しました。
  • 社会奉仕 (地域社会の人々の生活の質を向上させるためにクラブが行うプロジェクトや活動です)
    • 垂水区民講座の開催 (過去の開催歴はこちらからどうぞ
      • 1986年より、毎年、垂水区民への奉仕活動としまして「垂水区民講座」を開催しております。時代に応じた様々なトピックを取り上げ、地域をつなぐ活動を行っています。また、2012年の第25回区民講座では東日本大震災で被災した福島県の中学校の吹奏楽部を招待し、垂水区の中学校の吹奏楽部との合同演奏会も開催しました。
        最近の区民講座は、垂水区の中学高の吹奏楽部の合同演奏会を主催し、区民と学生、また、異なる学校との交流も図っています。
  • 国際奉仕(世界中におけるロータリーの人道的な活動を広げ、世界理解と平和を推進する活動を含んでいます)
    • 米山記念奨学生
      • 当クラブでは、米山記念奨学生の支援を毎年行っています。アジア各国(カンボジア、韓国、中国など)から神戸の大学・大学院で学ぶ学生の支援を行っています。
    • 台湾の基隆東扶輪社との共同活動
      • 当クラブの友好クラブである台湾基隆東扶輪社と親睦を深めるとともに、相互の奉仕活動への協力を行っています。
    • GSE (Group Study Exchange)受け入れ
      海外からのGSE団の受け入れを行っています。2012-13年度は、マレーシア(3300地区)からのGSEの5名のメンバーが我がクラブを訪問されました。
    • 2014年カンボジアの小学校への図書館寄贈プロジェクトを行いました。
  • 青少年奉仕(指導力養成活動、奉仕プロジェクト、交換プログラムを通じて、青少年と若者による好ましい変化をもたらすものです)